失敗しないスーツケースの選び方

スーツケース選び2つのポイント!ちょっと役に立つお話

海外旅行へ行く時にいつも考えてしまうのが、荷物の量。多くても持ち運ぶのに大変だし、お土産を詰めるのも億劫。
でも逆に荷物が少なすぎると、本当に必要なものを持ってきていないことに気付く…。確かにそんなことを繰り返しているうちに、なんとなく持っていけば良いものと必要のないものの区別はついてきます。

 

そしてそこで考えるのがスーツケース。

 

失敗しないためにも、スーツケース選びの方法を伝授致します♪


荷物の制限に注意!

 まずは飛行機を乗る際に、預けられる荷物には制限があることを思い出しておきましょう。

 

手荷物もそうですが、もちろん機内に持ち込まないスーツケースなどの荷物にも制限があります。乗るクラスと航空会社にもよりますが、だいたいが30キロから32キロ…少ないと25キロというところもありますので、それぞれ確認しておきましょう。

 

ここで重要なことはつまり、スーツケースの重さも含めて制限が決められているのです。

 

例えば、そういったことも考えずに10キロのスーツケースを買ったとします。制限が30キロだとすると、もう既にスーツケース分で10キロ取られてしまっているので、残りの20キロ分しか荷物を詰められないことになります。でも、6キロのスーツケースを買えば、24キロ分の荷物を詰めることができます。

 

この入れられる荷物の量については、スーツケースを買う際に確認することができます。軽めのスーツケースを買っておけば、荷物を多く詰めることができますし、荷物が少ない時も重たい思いをしなくて済みます。


スーツケースのデザインのこだわりを捨てる

 失敗しないコツとしてはもう一つ。あまりデザインにこだわらないことです。

 

デザインが凝ったものほど、値段の割に脆いですし、スーツケース自体も重たいものが多いような気がします。

 

スーツケースが脆いの代表例として、車輪の部分がすれやすいということがあります。車輪がすれると、まずまっすぐ進めなくなります。当然その分、なんだか重いような気もしますし、砂利の道はとても大変です。

 

かばん屋さんに持っていけば直してくれますが、お金もかかりますし、何日間か預けなければならないので日にちに余裕がないとできません。
できれば長く使いたいスーツケース。失敗しないように一発で良いもの選べるように、しっかりとそのスーツケースの特徴を把握しておくことが大事です。

旅行の思い出をしっかり記録するために