バリ島 旅行 準備

インドネシアのバリ島

 暑い夏でも、行く人が多いのが南の島。

 

特にバリ島は昔から人気のある島です。

 

まずは基本の情報を覚えておきましょう。

バリ島は、バリ島という国ではありません。

 

バリ島は、インドネシアの島々の一つで、正式名称は「インドネシア共和国バリ州」といいます。気候は、年間を通じて高温多湿で、25℃以上の日が多いです。その中でも4〜9月を乾季、10〜3月を雨季と位置付けています。

 

ですから、日本が冬の時に、暖かさを求めてバリ島へ行っても、雨の場合が多々あることを覚えておかなければなりません。
しかしこの時期はオフシーズンなので、航空券代が安いこともあり、観光客も訪れることが多いです。

 

時差についてですが、バリ島とは一時間の時差しかありません。
そのため、気軽に短い休みの間にも訪れる人が多い島といえます。

 

旅の注意点

 初めて旅行へ行くときには、覚えておかなければならないことがいくつかあります。
まずは飲料水です。バリ島では、水道を含め、生水は飲めません。飲料水は、ミネラルウォーターを買うしかありません。スーパーやコンビニ等で購入することができますが、ある程度サービスの整ったホテルであれば、2〜3本は無料で置いてあることがあります。そのせいもあって、日本ではレストランなどで無料でもらえる水も、バリ島ではお金を払わなくてはなりません。物価が安いので、そこまで気にすることはありませんが、日本とは考え方が違うことを覚えておきましょう。

 

 それから、日本ではあまり考えられませんが、ひったくりや窃盗が多い地域があります。

 

ですから、ホテルやレストランでもしっかりと自分の荷物には目を配っておきましょう。
特に日本人は、金持ちで不用心という印象を持たれがちなので、すぐにわかるブランド品やバッグなどは避けたほうがよさそうです。

 

HIS

いい旅もっとおトクに!【てるみくらぶ】

旅行の思い出をしっかり記録するために