海外旅行準備net 便利な必需品・持ち物リスト

イタリア旅行を楽しむための持ち物準備

ミラノ、フィレンツェ、ローマ…想像しただけで、夢と希望が広がる国、イタリア。日本からの観光客も多く、有名な観光地ではカメラをぶら下げた彼らをよく見かけます。また、ツアーの数も多く、成田空港からだけではなく、関西国際空港からもツアー便の発着があります。

 

もちろん自分でツアーを組んで、自分の行きたいところに好きなだけ行ける、海外経験の多い方なら大いに楽しめるでしょう。でも初めての海外だったら?

 

イタリア語がわからなかったら?そんな時に役立つのが旅行会社です。今ではいろいろなパックツアーがあるので、その中から選んでみたらどうでしょうか?

 

例えば、安さで有名な『HIS』のツアーなら、ハネムーンに行く方にぴったり!

 

「ハネムーナー特別おもてなし」付きのプランや、ペアシートを約束してくれるプランがあります。旅行の代表的ツアー会社『JTB』には、あの有名なオリエント急行の車内に泊まれるプランも。自分の思うようにいかないと思われがちのツアープランですが、今ではフリータイムがほとんどです。自分の趣向やどんなイタリアを楽しみたいかによって、選んだら良いでしょう。

 

さて、ツアーを選んだら、いよいよ荷物準備。念のため…と持っていったものを使わなかったり、大事なものを忘れたりするのは旅行の醍醐味ですが、これだけは必需品!というものをご紹介します。まずは『変圧器』と『変換プラグ』。携帯電話やカメラを充電するにも、日本と海外では電圧とプラグの種類が違うので充電することができません。
『変圧器』と『変換プラグ』があれば、海外でも日本製品を使うことが可能です。大手の電気屋にはどこにでも売っていますし、買い忘れた時は空港にも売っています。

 

クレジット

それから、『クレジットカード』。買い物のしすぎには注意しなければなりませんが、知らない場所で現金を持ち歩くのが不安な方には必需品です。カードの種類はVISA、MASTER、アメリカンエキスプレスの三社なら、イタリアでも使うことができます。お店やレストランはもちろん、お土産屋さんでもカードを使うことできるのは便利ですね。あともう一つ、アドバイスとして荷物はバックパック(リュックサック)ではなく、肩がけのショルダーバックか口の締まるトートバックがおすすめです。

 

電車内や繁華街でお金をスラれたという経験は、海外では少なくありません。自分の身は自分で守るためにも、バック選びから慎重になりましょう。

 

最後に一点注意ですが、イタリア人はとても気さくです。
特に女性には優しくする、というのがイタリア人男性のモットー。
それが過剰すぎるほどに優しいので、嫌な時はしっかり「NO」と言いましょう。
知り合いの旅行客は、必要でない場所まで案内されたり、ホテルの最後の最後までついてこられたりしたことがあるそうです。

 

スリや盗難の危険にも繋がるので、注意してください。

旅行の思い出をしっかり記録するために