ビザ(査証)の申請・取得方法

ビザ取得の方法を簡単にまとめました

初めて海外へ行くとき、時に必要になるのがビザ(査証)です。パスポートは必ず必要ですが、ビザは滞在期間によって、いる時といらない時があります。いらない場合は、パスポートのみで大丈夫ですが、取らなければならない時にビザを取得していないと、入国を拒否されたり、現地でトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

 パスポートとは別に取らなければならないので、忘れがちになってしまいますが、取り方は簡単です。必要なものをそろえて、大使館・領事館へ持って行けばOKです。必要なものとは…

 

●査証申請書(ビザフォーム)

 各国の大使館・領事館で手にいれることができます。

 

●パスポート

 

●写真1枚

 国ごとに決められたサイズがあるので、調べておきましょう。

 

●査証料(ビザフィー)

 ほとんどの場合、申請時に支払います。値段も調べておきましょう。

 

●その他必要なもの

 稀に、航空券、乗船券、予防接種証明書、渡航費用を支払う能力を証明するもの

 

 特に重要なのは、査証申請書とその他の必要なものの渡航費用を支払う能力を証明するものです。
査証申請書はしっかりと書きましょう。あまり空白があると、査証が通らない可能性があります。公文書ですから、間違いのないように記入してください。渡航費用を証明するものとは、具体的には銀行の通帳のコピーなどです。未成年や被扶養者の場合は、親御さんのものを提示するのが一般的です。ですから、あまりお金が入っていない通帳のコピーでは、何か問われてしまう可能性がありますので、できればメインで使っている銀行の通帳をコピーして持って行きましょう。

 

 大使館・領事館によっても差がありますが、即日〜1週間で発給されます。ですから、渡航の前にばたばたしないように、10日ほど時間を見て申請するほうが良いでしょう。しかし、あまりに早すぎると取れない場合や、有効期限が早めに切れてしまうときもあります。そのへんの考慮もしっかりしておきましょう。

 

 これらの手続きは、旅行会社を介してもできますが、手数料が取られます。できるなら自分でやったほうが得ですね。難しいことではありません。大使館・領事館は、こちらを参照してみてくださいね。

ビザサービス | 米国大使館

旅行の思い出をしっかり記録するために

ビザ(査証)の申請・取得方法関連ページ

パスポート更新
海外旅行の必需品、忘れ物はないですか?当サイトは海外旅行を快適にするための持ち物リスト、準備のお役立ちサイトです。旅行の半年前〜1日前、直前にチェックしてください。ツアーの格安情報から、天気、おすすめ服装、海外で使えるカード情報など紹介しています。
ビザ(査証)とは?
海外旅行の必需品、忘れ物はないですか?当サイトは海外旅行を快適にするための持ち物リスト、準備のお役立ちサイトです。旅行の半年前〜1日前、直前にチェックしてください。ツアーの格安情報から、天気、おすすめ服装、海外で使えるカード情報など紹介しています。